想いは強く、志し高く

人生にどんな苦難があろうとも諦めない...そんな願いを持った方に向けたブログです。

無謀?それとも希望?精神障害者こそ接客業に就くべき2つの大きなメリット

仕事として他人と話す...難易度高そう...

f:id:Co_Co:20181115074114j:plain

越えていけ


どうも、いつもご覧いただきありがとうございます。

 

統合失調症のシバックスです。

 

今回は、精神障害者こそ接客業に就きましょう!

という、以前とは全く反対な視点で

「人と関わることの意味」

に切り込んで参ります!!

 

 

接客業に就きべき2つの大きなメリット

目次

 

①社会ではコミュニケーションが欠かせないから

これです、これ。

 

これこそ、サービス業(接客業も含まれる)で身につく最大のメリットです。

 

なぜか?それは、

「結局人は、社会の中で生きていかざるを得ない」

からです。

 

人は一人では生きてはいけません。

誰かと必ず関わり合いながら生きていくのです。

 

引きこもりの方もそうです。

ご家族の誰かに頼って生きています。

 

病院に入院している方も

看護師さんなどと関わって生きています。

 

「頼る」事は、恥ずかしい事でもなんでもありません。

 

健常者のシングルマザーの方でも

大抵は母子手当に頼って生きています。

 

どこかの社長さんもそうです。

従業員やお客様に頼って、会社を運営しています。

 

社会の中で生きるという事は、

「皆んなで支え合って生きていく」

ことなのです。

 

だからこそ、対人スキルが必要

皆んなで生きていくには、意思疎通が必要です。

意思疎通とは、会話のことです。

 

話さなければ、気持ちは伝わらないのです。

気持ちを伝えなければ、自分だけ社会に参加できなくなり

原始時代なら、

サーベルタイガーか何かの餌食になっているでしょう

 

だから、コミュニケーション能力(対人スキル)が重要なのです。

 

②厳しいところに飛び込む方が早いことがあるから

僕は、もともとおしゃべりでした。

でも、相手とうまく関係を築くことが下手くそでした。

 

だから、いじめられたこともあります。

 

そして、退院後の療養生活が5年間あったので

半分自宅に引きこもっている生活が続きました。

 

それを、変えてくれたのが今の会社です。

 

色々な人々に出会って、楽しい職場の時代もありましたが、

職場というのは、時が流れると人が入れ替わっていきます。

 

だから、

今の職場でも、理不尽な扱いを受けました。

 

自宅で、悔しくて

「バカヤロー!クソー!!」

と、叫んだことも多かったです。

 

でも、それが本当はいい経験だったんです。

 

理不尽な扱いを受けるのは、

相手の気持ちを考えず、知らず知らずのうちに

「相手の心を傷つけていた」

からなのです。

 

それが、理解できてから

だいぶ職場ではいざこざは減っていきました。

 

そういう、言わば

「修羅場」

を体験したからだと僕は思います。

(生きるか死ぬかの修羅場よりは全然ユルいですが)

 

 

 

まとめ:暗い過去からしか、明るい未来は生まれない

嫌な事を避けていては、成長はできません。

 

しかし、

皆さんに進んで嫌な思いをしろとは、思っていません。

 

それぞれの現状・病状・トラウマなどもあるでしょう。

無理をして、体調を崩したら元も子もないですからね。

 

僕も、今の仕事では3年間は、

基本的な仕事(品出し)がメインでした。

 

少しずつでいいんです。

立ち止まっていいんです。

歩けるようになったら、進めばいいんです。

 

ただ、

以前の自分より成長した自分を想像してください。

 

幼い頃、自転車に乗れるようになった時の喜びを

思い出してください。

 

成長するって、こんなに楽しいものなんだ!!!

って、思たらしめたものです。

 

「素晴らしい未来はあなたが主役です!!」