統合失調症の独身サラリーマン、インフルエンスブロガーを目指す!!

人生に生きづらさを感じていても、自分の人生を諦めない...そんな願いを持っている方々に希望を与えられるブログです。

世の中の全てのトラブル解決法!!相手への思いやりについて

許すということ...

f:id:Co_Co:20181003131408j:plain

究極的には許すこと

「どうも、コバックスです。今回は思いやりについて考えていこうと思います!!」

 

みなさん、1つ質問させてください。

 

それは...

 

あなたは、

なぜ怒れてくるのですか?

その原因は何ですか?

 

ということです。

 

結論から言います。

それは、

相手のことが許せないから

 

だと思います。

 

・相手が話の途中につい寝てしまった。

・相手がこちらは真剣に話しているのに、

 ふざけたことを言った。

・相手のデリカシーの無さに腹が立ったなど

 

が原因ではないでしょうか?

 

今回は、その

 

許す

 

ということの意味や難しさについて解説していきます。

 

☆関連記事

musicvox.hatenablog.com

  

世の中の争いごとの根本的原因!!相手への思いやりについて

 

 

はじめに:コバックスの体験記

 

コバックスは、

今年の初めまで別の事業所に勤務していました。

 

そこで、

一緒に働いていたA支店長とBさんにかわいがられていました。

 

本当に優しかったです。

本当に楽しかったです。

今の仕事が大好きでした。

 

そこで、

学べたことは本当に多かったです。

今のコバックスの考えの基本形が出来上がりました。

 

そこでの、

辛い体験があったからです。

 

それは、

コバックスがA支店長のやり方が気に食わず、

反抗したことが原因です。

 

コバックスは自分でいうのも何ですが、

真剣に仕事をしていました。

 

真剣に業務に取り組み

残業もかなりしました。

 

でも、

その真剣さが自分自身の傲慢さに

つながり、

A支店長たちのプライドを傷つけていたのです。

 

例えば、

Bさんの冗談に対して、本気で怒ったこともありましたね。

 

それから、

そのA支店長、Bさん、Cさんからの

無視

に結果的につながりました。

 

そして、

コバックスは

その事務所から異動になったのです。

 

☆関連記事 ぜひお読みください

musicvox.hatenablog.com

 

 

なぜ怒れてくるのか!?

それは、

相手に自分の常識を当てはめて考える

からです。

 

「普通こんなこと言わないだろ!!」

 

が典型的な例ですね。

 

相手には、相手の

今までの経験に基づいた常識があります。

 

ですのでそこで、

すれ違いが生じるわけなんです。

 

 

なぜ許すことが必要なのか!?

相手にも、

気分のいい時・悪い時があるからです。

 

それ以外にも、

・仕事がたてこんでいた

・体調が悪かったなど

 

いろいろあるでしょう。

 

だから、

相手が自分の言ったことに対して

自分の意に沿う返しがくることはあまりありません。

 

ですので、

相手の立場に立って考えることが大切なのです。

 

相手は今イライラしていると感じたら

あまり喋らずに話を聞くことに徹するなど

 

するのが最善だと思います。

 

 

なぜ争いごとはなくならないのか!?

それは、

相手の立場に立って考えられないからです。

 

でも、それは

お互いに言えることです。

 

お互いが相手の立場に立って接することができれば

争いごとはなくなります。

 

でも、

実際は不可能でしょう。

 

なぜなら、

相手の心は読めないからです。

 

 

まとめ:どうすれば、思いやりをもって相手と接せるのか!?

ズバリ、

心に余裕を持つことです。 

 

現代社会がなぜ

殺伐としているかというと

忙しすぎて、心に余裕がない人が多い

 

からです。

 

だから、

争いごとが絶えないのです。

 

 

心に余裕を持つには!?

それは、

心の拠り所を作ることです。

 

それは、

仕事や家庭以外にコミュニティに参加することです。

 

「コバックスの場合だと、
 ブログというみなさんと接するコミュニティがありますね!」

 

これで、

様々な価値観と触れ合えるので

・自分の常識が人の非常識だとわかる

・色々な考え方があるとわかる

・どうすれば、前向きな発言ができるのか考えられるので

 

人生の視野が広まり、

結果として

ポジティブになれます。

 

だから、みなさんには

SNSなどを積極的に活用することを

オススメします!!

 

ただ、依存しすぎには気をつけてくださいね!!

 

 

それでは、ぼちぼち!!

 

☆関連記事まとめ

musicvox.hatenablog.com

musicvox.hatenablog.com

musicvox.hatenablog.com

musicvox.hatenablog.com

musicvox.hatenablog.com