想いは強く、志し高く

人生にどんな苦難があろうとも諦めない...そんな願いを持った方に向けたブログです。

今の若者VS30年前の若者!!価値観の違い3選

全く!最近の若いもんは!!

f:id:Co_Co:20181016120805j:plain

今も昔も

「どうも、シバックスです。
 今回は今の若者と30年前の若者の価値観の違いについて
 取り上げてまいります!!」

 

みなさん、

30代・40代のかたがたにもお聞きします!!

 

最近の若いもんは!!

 

って言葉聞いたことありますよね??

 

この言葉なんと

古代ローマ時代にも言われていました。

 

古今東西、同じなんですね。

人間の考えることって。

 

そこで今回は

今の若者と30年前の若者の違い

を考えていきたいと思います!!

 

それでは、早速いってみましょう!!

 

☆関連記事 

www.covaccxx.com

 

 

今の若者VS30年前の若者!!価値観の違い3選

 

 

①今の若者:YouTuber 30年前の若者:芸能人

今の若者のなりない職業は

目立つもので言えばYouTuberです。

 

なぜなら、

有名YouTuberは楽しそうに見えて、

広告収入があり人気者にもなれるからです。

 

そして、

面倒なシガラミが少ないのも、なりたい職業の理由ですね。

 

 

一方、

30年前の若者は

芸能人になりたがりました。

 

これも、

人気者になれて

とても華やかな世界に見えるからです。

 

「今も昔も、知名度とお金を求めるのは変わらないね」

 

 

②今の若者:インディーズ 30年前の若者:メジャーデビュー

今のアーティスト志望の若者は、

インディーズを目指しています。

 

なせなら、

印税の金額が大きいから

です。

 

レコード会社による、

中抜きが少ないから

でもあります。

 

そして、

たとえインディーズでも

今はSNSや、YouTubeがあり

知名度もテレビを頼る必要がなくなったことも原因です。

 

テレビに頼ろうとすると

大手レコード会社や事務所に所属したほうが有利なので

30年前の若者はこぞって

メジャーデビューを目指しました。

 

しかし

今の時代は、

いい曲を書いて

いいレコード会社でデビューすれば

稼げるという時代ではありません。

 

様々なメディアを使い

売り方も考えて

戦略を練らなければ

音楽で食べていくことは厳しいのです。

 

「シバックスはこの事実に気づいて、音楽で食べていくのを諦めました。」

 

 

③今の若者:スモールビジネス 30年前の若者:ビッグビジネス

今の若者は、

小さい事業でもいいので

できるだけリスクを少なくし

ある程度の成功ができれば

それでいいのです。

 

30年前の若者は

大きな志を持って起業し、

社会を変えてやるほどの

大きな会社をつくることが

 

ジャパニーズドリーム

でした。

 

しかし、

今の若者は

それには大きなリスクが伴うことを

インターネットによって

知っているため

スモールビジネス志向になるのです。

 

☆関連記事

www.covaccxx.com

 

まとめ:今の若者:コツコツ型 30年前の若者:1発ドカン型

 いかがでしたか??

 

今の若者は決して

欲がなくなったわけではありません。

 

現代でも

夢や希望は必ずあること

を悟っています。

 

なぜなら、

現代を生き抜く方法が

30年前とは大きく違うことを

インターネットを通じて

知っているからなのですね。

 

大きなリスクを取り

有名になることを目指して

大きな損失や大きな苦労をするよりか

 

小さなリスクで

ある程度の裕福な生活を目指したほうが

効率もよく、

知名度が上がりすぎて

叩かれたり、自由がなくなること

がないことを知っているからなのですよ。

 

結論は、

 

今の若者は

過度に有名になるのを嫌い

コツコツやって

裕福な暮らしができればいいと考え、

 

30年前の若者は

とにかく頂点を目指すのが目標であり

その結果

豪華な暮らしをして、有名人になって

金と名声が欲しいと考えていた

 

ということなのだと思います。

 

「シバックスたちの氷河期世代は、その両者の立場が理解できます。
 でも、シバックス的には今の若者の考え方に賛成ですね。
 なぜなら、時代に逆らってもメリットがないからです!」

 

 

それでは、ぼちぼち!!

 

 

☆関連記事まとめ