想いは強く、志し高く

人生にどんな苦難があろうとも諦めない...そんな願いを持った方に向けたブログです。

現代日本に生まれてよかった!!そのメリット4つと活用法

とっても、ラッキーなんですよ!!

f:id:Co_Co:20181020173202j:plain

なんでもできる

「どうも、最近睡眠不足のシバックスです。
 今回は現代日本社会に生まれたメリットの活かし方について
 考察してまいります!!」

 

みなさん、朗報です!

僕も含めて日本に生まれたことは、ラッキーなんですよ!!

 

「突然なんなんだ!?」 

 

そうですねw

でも、どうしてか分かりますか?

 

それは、

世界的に見ても、

とても日本は恵まれているからなんです。

 

そこで、

今回はその恵まれている理由

とその活かし方について

考察してまいります。 

 

では、早速いってみましょう!!

 

現代日本に生まれたメリット4つの活用法

 

☆関連記事

www.covaccxx.com

 

 

 

①何より平和だから、死ぬことは少ない

現代日本社会は

平和です。

 

だから、

国内もしくは海外との紛争や戦争もないのです。

 

それはとてもいいことですね!!

 

だって、

死ぬことがないのですから。

 

死なないということは

好きなことができるということにつながります。

 

そう!

好きなことができるから、幸せなんです。

 

それを活かして

どんな仕事でもできますし、

どんな趣味でもできるのです。

 

これは、

日本に生まれた特権です。

 

 

②日本を怒らせると怖いと思われいているから、戦争が起こらない

日本は怒らせると怖いと思われています。

 

特に

アジア諸国にその思考は色濃く残っています。

 

なぜなら、

過去の戦争でも

自らをかえりみぬ、捨て身の攻撃ができるからです。

 

最近でも

東日本大震災での

国民の一致団結も記憶に新しいですね。

 

そういう国は

敵に回したくないのです。

 

だから、

平和であって幸せということもあります。

 

だから、

好きなことができて、幸せなんです。

 

だからこそ、

好きな人生を歩めるのですよ。

 

「シバックスも東日本大震災時の日本国民の団結力には、
 感動しつつもある種の怖さも感じました。
 その怖さを諸外国の人たちも感じているのではないでしょうか??」

 

☆関連記事

www.covaccxx.com

 

 

③資本主義だから、人生の逆転がきく

資本主義は、

貧富の差が生まれやすいです。

 

でも、

それがあるからこそ

やり方次第では人生を逆転できるのですよ。

 

逆転をさせるコツは

・なんでもやってみる

・続ける

・ダメなら辞める

・情報をもつ者になる

 

ですね。

 

そういうコツも

ネットや本で得られて

すぐにでも実行できます。

 

 

だから、

日本に生まれてよかったのです。

 

 

④インターネットがあるから、自分を変えられる

30年前までは

・新聞

・テレビ

・ラジオ

・本

しか、

情報源はありませんでした。

 

でも今は

インターネットがあります。

 

インターネットは

好きな情報だけを効率的に得ることができます。

 

なので、

すぐに自分を変えることができます。

 

しかし

条件があります。

 

それは、

本気になれるかどうか

ということです。

 

本気になれるかどうか自体は

昔も今の変わりない

成功の原則です。

 

だからこそ、

それができれば

鬼に金棒

なのですね。

 

「シバックスは今ブログに本気になっています。
 一生ものだと思っていますので、これからもずっと続けていきます。
 だからとても幸せです!!」

 

☆関連記事

www.covaccxx.com

 

 

まとめ:自由と平和を活かそう!!

日本に生まれたということは

本当に幸せなことなんです。

 

・意見を言っても自由。

・法律に違反していなければ、何をしても自由。

・何回でもやり直しがきく社会。

 

こんなに素晴らしい社会がどこにあるのでしょうか。

 

確かに、

他の国と比べると見劣りする点は多いです。

 

しかし、

どの国にもデメリットや問題はあります。

 

ですので、

現状できることを諦めずに実行し続けることこそ

最大のメリット活用法

になるのではないでしょうか??

 

このブログを読んで

人生を変えるきっかけになれたならこの上ありません。

 

みなさん、

変化を恐れずに共に進んでいきましょう!

 

 

それでは、ぼちぼち!!

 

☆関連記事まとめ