想いは強く、志し高く

人生にどんな苦難があろうとも諦めない...そんな願いを持った方に向けたブログです。

《断言》結婚信仰なんてダメだ。その3つの理由

結婚の意味を考える

f:id:Co_Co:20181105084014j:plain

社会からの同調圧力での結婚はデメリットばかり

「どうも、婚活をついこの間辞めたシバックスです。
 今回は社会からの結婚圧力に流されて
 結婚をすることの危うさについてお話しします。」

 

結婚されていないひとに質問です。

みなさん、結婚したいですか??

 

・相手がいれば、そりゃしたいよ!

・彼がなかなかプロポーズしてくれなくて

 5年間付き合っています...

 

など、様々な回答が返ってくると思います。

 

しかし、シバックスは思います。

なぜ、結婚をしなければいけないのか??

と。

 

これは、

個人的に

「本当に生涯共にしたい!!」

と思っているかたへの問いではありません。

 

本気なかたは、結婚したほうが幸せになれるでしょう。

 

シバックスはそんなかたには、

心から祝福を送ります。

 

しかし、今回

シバックスが聞きたいのは

・社会的にそうなっているから

・年齢も年齢だし、焦っている

 

と言うかたへの問いです。

 

その結婚、本当に心からしたいと思っていますか??

 

そこで、今回は

《断言》結婚信仰なんてダメだ。その3つの理由

を考えていきます。

 

では早速、いってみましょう!!

 

 

 

①周りがうるさいから

周囲の大人たちが

・いい加減結婚したらどうだ??

・結婚すると責任感が生まれて、仕事に集中できるぞ

 

などと、

同調圧力をかけてきます。

 

しかし、

シバックス的にはそんな

外的要因

での結婚はよくない

と思っています。

 

なぜなら、

結婚は本来なら

本人同士が合意の上で成立するもの

だからです。

 

確かに

「婚活して、いいひとが見つかれば結婚したいと思えばそれでいいじゃん!!」

 

そういう意見もあるでしょう。

 

しかし、

結婚のデメリットを理解していないと

あとあと後悔するんですよ!

 

デメリット:突然のライフイベントに対応できない

シバックスがそうでした。

 

今婚活を続けていて

結婚をしていたら、

 

今、こうやってみなさんに

ブログやツイッター

コバックスの考え方や

みなさんの役に立てる情報を

お伝えできています。

 

しかしこれは、

現職を投げ出す覚悟ができているからです。

 

結婚していたら、

子供がいたら、

住宅35年ローンが残っていたら、

 

こんな物書きの世界には

足を踏み込めなかったでしょう。

 

それほど、

結婚とは、身動きができなくなるものなのです。

 

☆関連記事

 

 

デメリット:会社の奴隷になる

結婚し、

子供が生まれ

家の35年ローンがある

 

こんな状況で

会社をあなたは辞められますか??

 

と問いたいです。

 

会社は、結婚すれば

配偶者手当をくれますし、

昇給額も違う

でしょう。

 

しかし、これは

鎖で繋がれた囚人そのものです。

 

会社とそりが合わなくなっても

辞められません。

 

そのとき

50歳以上ならなおさらです。

 

それはまさに

地獄

だと思います。

 

②親を安心させたい

親に孫の顔を見せてあげたい...

そんな親孝行は立派です。

 

ですが、

自分の気持ちはどうなんですか??

 

先ほども言った通り

結婚と子供と住宅ローン

あなたに大きくのしかかります。

 

結局離婚するカップルは

3組に1組なんですよ!

 

その後には

・慰謝料

・養育費

・残った住宅ローン

での苦しみが待っています。

 

 

③アラフォーだから

年齢で焦って結婚はいけません。

 

冷静な判断を欠く原因になります。

 

「シバックスの身近にも年齢で焦って結婚されたひとがいました。
 結局、結婚する際に時間をかけなかったため、
 短期間の結婚生活となりましたよ。
 それでは男性ならメリットは全くありません。」

 

まとめ:やはりお金。金銭的に余裕があればしても良い

最終的には

お金です。

 

お金に余裕のある高収入のひとなら

離婚後のリスクを考えてなくてもいいでしょう。

 

しかし、

大半が夫だけの給料だと

年収450万円が平均

です。

 

それでは

とても結婚ができないことが

明白です。

 

しかし、

愛こそ全て

で結婚するカップルが後を絶ちません。

 

どうか、

リスク管理のことを考えて欲しいものです。

 

 

それでは、ぼちぼち!!

 

関連記事まとめ