想いは強く、志し高く

人生にどんな苦難があろうとも諦めない...そんな願いを持った方に向けたブログです。

《自分、不器用ですから》要領よく生きる3つの方法

そんな事もわかんないのか!!

f:id:Co_Co:20181204124046j:plain

 

「どうも、自分で不器用さに呆れているシバックスです。
 今回は、こんな僕だから言える要領がいい人になる3つの方法
 について語ってまいります!!」

 

みなさん、

こんな言葉を言われた経験ありませんか??

 

そんな事もわかんないのか!!

それくらい普通わかるだろ!!

 

多分、

半数以上の人が言われた経験があると思います。

 

事実、

シバックスは

そういう言葉ばかり受けていました。

 

とても

苦痛だったことを今でもハッキリと覚えています。

 

しかしですね、世の中には

生まれつきか、後天的についたのかはわかりませんが、

 

要領がいい

 

いわゆる

 

『世渡り上手』

 

なひとが

どの職場にも居ます。

 

シバックスは

そんな人を見ていつも思いました。

 

「どこがボクと違うんだろう??」

と。

 

そして

ある共通する点

に気がつきました。

 

それを今回は

お話したいと思います。

 

題して

《自分、不器用ですから》要領よく生きる3つの方法

です!!

 

では、早速行ってみましょう!!

 

 

①上手く手を抜く

要領のいいひとは

どこで手を抜いたらいいか瞬時に判断できます。

 

なぜ、

そういうことが

簡単にできてしまうのでしょうか??

 

それは、

周りの状況把握が上手いのです。

 

そして

優先順位のつけ方が上手いのです。

 

つまり

忙しい時は、

「緊急なことをメインに!さっさっさっっ!!」

 

暇になったら

「緊急性のあるものは片付いたから、重要なことを行おう!!
 テキパキッ!」

 

そういう

判断に長けているのです。

 

だからこそ、

「だいたい終わったから、少しだけ休憩!休憩!!」

 

手を抜けるのです。

 

☆ポイント①!! 

1、周囲の雰囲気を気にする
2、優先順位をつけよう 

 

 

②職場の権力構図の早く見極める

要領のいいひとは

・どのひとが中心メンバーで

・どのひとが取り巻きか

 

ということに素早く気づきます。

 

その能力とは

何なのでしょう??

 

それは

質問が上手いことと

観察眼です。

 

つまり

1、よく人間関係を見ることと、

2、自分から、絡んでいって体感する

 

ことですね!

 

☆ポイント②!!

1、よく人間関係を見る
2、自分から絡みにいき体感する

 

 

③ごますり上手になる

ごますりが上手くなると

とても、世渡りが楽になります。

 

それは、

上司からのウケが良くなるからです。

 

上司だけでなく

お局さんにもウケが良くなるからです。

 

結果として

その職場での

居場所が生まれるからなんですね。

 

ではごますり上手になるには 

どうすればいいのでしょうか??

 

それは、

1、上司やお局さんに積極的に絡んでいくこと

2、上司やお局さんの怒ることはしない

 

です。

 

流れとしては、

1、上司やお局さんに積極的に絡んでいくこと

を行い、

性格の傾向を掴んでいきます。

 

そうすることで

2、上司やお局さんの怒ることはしない

ができるようになります。

 

☆ポイント③!!

1、上司やお局さんに積極的に絡んで、
  性格を把握する
2、把握できれば、
  上司の意にそぐわない行動をしなくてすむ
3、すると気に入られる

 

 

まとめ:パワーバランスをよく見る。意にそぐわない事は避ける

いかがでしたか??

 

結局、

1、観察眼...パワーバランスなど状況の把握 

2、性格の把握...意にそぐわない事は避ける

 

事なんです。

 

慣れないうちは

逆鱗に触れる事も多いでしょう。

 

しかしいずれ、

結果に結びつきます。

 

「シバックスはそれができなかっただけに、
 上記のことがいかに世渡りで重要かがわかります!!」

 

みなさんがこのブログを通じて幸せになることを、

心より願っております。

 

それでは、ぼちぼち!!

 

 関連記事まとめ