想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

精神障害者でYouTuberはマジでキツい件

どうも、シバックスです。みなさん、儲かってますか??

f:id:Co_Co:20190526000812j:plain

体力的にツライ...

今回は、

精神障害者でYouTuberって無理ゲーじゃね?

と言うお話をさせて頂きます。

 

みなさんYouTuberって言うと、

「稼いでる人は稼いでるけど、そんなの一握り」

「甘い世界じゃない」

と思われている人って結構いらっしゃると思います。

 

確かにその通りです。甘くありません。

 

だけどYouTuberである僕から言わせていただくと

「継続と改善し続ければ、何とかなるよ」ってことなんですね。

僕のような弱小YouTuberが言うのも何ですが。

 

だけど、それを実現するための努力はハンパないです。

心折れる人が9割くらいいる感覚です。

 

しかも精神障害を持つYouTuberは特に...

 

そこで今回は、

なぜ精神障害を持つYouTuberは厳しいのか?

じゃあどうすればいいのか?を語って行きたいと思います。

 

特に

「障害持っててもYouTuberを目指したい。

だけどよく分からない...」

と思っている人に見て欲しい記事となっています。

 

では、早速行ってみましょう!!

 

 

 

①精神的にキツい

まず、はじめの半年は鳴かず飛ばずです。

悲しいかなこれが現実です。

 

僕も200本近くリリースしてきましたが、

反応がないと正直キツいです。

 

ただそこを乗り越えられるかどうかが、カギになってきます。

その壁が越えられれば、継続という壁はクリアです!!

 

 

それと、ある程度名が知れ渡ると

批判コメントがつき始めます。

 

これもキツいですね。

 

「◯ね!」とか「キモい」とかはまだ序の口です。

 

何が一番キツいかと言うと、

 

しつこいダメ出しコメントです。

対応するだけで心が疲弊してきますw

 

ただこれも慣れればどうってこと無くなります。

対策としては

単純にすぐ謝る事と、即ブロックすることです。

 

建設的で言葉遣いが丁寧な意見なら聞き入れるべきですが、

言い争ってもムダなコメントは

容赦無くブロックしましょう。

 

それができれば、

アンチ対応の壁はクリアです。

 

あと、「副業的に始めたい」という人もいると思いますが、

精神障害を持っているのならくれぐれも無理をしない範囲

効率的な動画作成を心がけましょう。

 

詳しくは、③の項目でお話させて頂きますので、

ぜひご覧くださいね!!

 

 

②動画方針は明確に

動画を作るのなら、

動画の方針を明確にしましょう。

 

僕の場合は入院時代、ニート時代などの体験談をメインとして、

それプラス物申す系のチャンネルに育てています。

 

だからそういう

自分の得意分野が一番だと思いますよ。

 

ただ、僕の場合は

最初の動画200本くらいは方針がブレブレだったので

大したことは言えませんがw

 

しかし、こういった失敗を経験して、

「じゃあ、これを教訓にこれからどうするのか?」

を考えることが重要だと思います。

 

はじめから伸びる人は、

以前からブログなどコンテンツ運営に精通している人か、

ただ単に運がいいだけの人です。

 

しかも後者の場合は、ちょっとした事で

挫けて諦めてしまうパターンが多いと思います。

 

 

あと、動画のタイトル/テーマ選びもキモになってきます。

 

動画の構想を練るうちに「これはいけるぞ!」と思えたものは

体感値ですが7割くらいは再生回数が伸びます

 

逆に「これはダメかも」と思ったテーマは

9割がた伸びません。

 

だからこそ、動画方針って重要なんです!!

 

 

③効率化がキモ

結論から言いますが

精神障害を持つ人が、YouTuberとして生きていく上で重要なのが

効率化です。

 

僕の場合は、このような

ブログを読み上げてアドリブもかませるようにして

効率化を図っています。


【体験談】僕の不潔恐怖症の経緯と克服法3選

このような努力をしただけで作業時間が1/3以下になりました。

 

 

因みに以前の動画作成時間8時間の動画はコレです⬇️⬇️


いじめっ子が考えて欲しいこと。それで本当にいいの?正しいと思う??

 

上記のような努力をしないことには、

精神障害を持つ人がYouTuberを続けるのは厳しいと思いますね。

 

動画作成の効率化...

これが継続する上で最大の課題だと思っています。

 

 

まとめ:厳しいかもだが、不可能じゃない

ハンディがあるというだけで諦めることはありませんが、

適切な努力が必要です。

 

当たり前ですが、

盲目的に動画を作り続けても日の目を見ることはないでしょう。

 

そして第一、心が折れてしまいます。

だからこそ、改善を行うことが重要なんです。

 

 

皆さんのご健闘心から祈っております。

以上シバックスでした。

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!