想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

ニート時代の収入と定職に就いた流れ

なんとかなる!からこそ...

f:id:Co_Co:20190616123523j:plain

見えてきたものもあった

どうもシバックスです!皆さん儲かってますか?

 

今回は

ニート時代の収入と定職に就いた流れ

をお伝えします。

 

結論としては

何とかなる時代だからこそガンバるべき

って言うことなんです!!

 

僕は2008年に現職に就職するまでニートでした。

その間はお小遣いを貰ったり、日雇い派遣したりして暮らしてたんですね。

まあ悠々自適な生活でしたが決して誇れるようなものではなく、今から思えばお恥ずかしい限りです...

 

しかしその期間は決して無駄なものではなく現職への就職に繋がっていきました。

その一連の流れを解説するのが今回の記事なんですね。

 

この記事は、一般の人には

「ふーん、ニートってこんな生きかたしてるんや」

とか関心を持って貰ったりとか、

 

ニート/引きこもりの人には

「こうやって社会復帰している人もいるんや」

とか参考にして頂ければ幸いです。

 

それでは、早速言ってみましょう!!

 

⭐️因みにこれは僕のプロフィール動画です!


生い立ちプロフィール自己紹介!シバックスって誰やねん??

 

 

①親からお小遣いを貰う

はい、ニート時代の前半はお小遣いを貰っていました。

 

このツイートをご覧ください。

 

これは僕がギターを買ってもらっていたと言う話です。

 

一般の社会人からしたら、

「22才なら、自分でバイトでもして買えよw」

って思うかと思いますが、

 

ニートの僕には関係ありませんでした。

 

ニートって結局自立をしていないので、お小遣いを貰うなんてことは当然なんです。

貰えるもんは貰っとけって言うスタンスです。まあこれは今でも変わらないスタンスですねw

 

ただ僕の両親もこれくらいの時期は、脱サラなんかをした時期でもあったのでこれ以降お小遣いは貰えなくなってしまいました。

 

しかしその後、障害年金という副収入が手に入るようになってったんですね(ホッ...)

 

 

障害年金を受給する

ニート時代の中盤からは、障害年金も受給し始めました。

月額でいうと6万円くらいは貰えてました。

 

ただ僕は元々統合失調症で、受給要件を満たしていたので受給可能になったんですね。

だから、僕は障害者でもあるのでガチニートではないんですよね。

 

ただこの障害年金があったからこそ、親からお小遣いを貰わなくても済むようになりましたし、

お小遣い以上に手元にお金が入るようになったので起こった嬉しい誤算がありました。

 

それがこのツイートです。

 

これはお金のチカラを知ってしまったからこそ起きた嬉しい誤算です。

 

お金があれば好きなものが買える

   ⬇️

だからもっとお金が欲しい

   ⬇️

だったら働こう!

 

と言うようになって行ったんですね。

 

だから僕が言えるのは、

障害年金受給は本当に困っている人だけ」

生活保護受給は必要な分だけ」

って言うばっかりじゃなくて

 

繰り返しにはなりますが、

障害者や生活保護受給者にお金を与える

   ⬇️

お金って素晴らしいと思わせる。もっと欲しいと思わせる。

   ⬇️

だったら働こうと思わせる。

 

という考えもあるってことを一般の方には感じて欲しいと思います。

 

話が大分脱線しましたね。申し訳ありません😅

 

 

日雇い派遣をする

ニート時代、最終的には日雇い派遣もしてました。

 

日雇い派遣では2006年当時はグッ◯ウィルフ◯キャストを使っていて、労働日数も月15日程度月収20万円の時もありましたね。

 

ただ派遣ですし、しかも日雇いなので安定するはずもなく

年間でいうと繁忙期は年3回程度なので年収換算すると年収100万程度なので、これこそお小遣い程度でしたね...

 

それに当時の日雇い派遣は、

仕事が選べない上に断ると次から仕事を紹介してもらえなくなる

スーパーブラック環境でした。

 

だからこそ僕は

「定職に就こう!」

「その方が労働環境がいいはず」

と思い結果、現職についたワケなんですね。

 

⭐️定職に就くとこんないい事もあります⬇️⬇️


復職するなら、時短勤務にしろ!!再発リスクを下げる生き方

 

 

まとめ:未来はどうなるか分からない。

いかがでしたでしょうか??

 

現代は、終身雇用の崩壊や年金制度の限界などまさに世も末なのが実情ですが、

そんなに憂うこともないと思っています。

 

このツイートをご覧ください。

 

これは、将来を憂うことへのアンサーツイートです。

 

結局現代日本なら、どんな不幸な状態でも

なんとかなってくんですよね。

 

つまり怠けていても

不自由なく生きていける時代だと。

 

ただそれは、

考えて行動する人ボーッとしてる人とでは

格差が開いていく社会ということでもあるんですね。

 

だからこそ僕が言いたいのは

「現状のままでも生きるのに不自由しないが、そんなんで人生楽しいですか?」

「どうせ生きるなら挑戦する人生の方が楽しいですよ!」

という事なんですね。

 

この記事の意図が皆さんに伝わればクリエイター冥利に尽きます。

 

以上シバックスでした。

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!