想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

障害者の悩み!障害者雇用・副業の裏ワザ抜け道伝授!チート行為など

 解決方法は何かしらある!!

f:id:Co_Co:20190713044547j:plain

できない事があるから障害者

どうもシバックスです!皆さん儲かってますか?

 

今回は

障害者雇用・副業の裏ワザ抜け道伝授!チート行為など

について語ってまります。

 

障害者として生きていると、ふと生きづらさを感じることがあります。

 

例えば

「収入の低さ」だとか「結婚に不利だとか」そういう話です。

 

そこで今回は、

そんな生きづらい世の中を僕はどう生きてきたか?という体験談と

僕なりにそういった現状をどう乗り越えるべきか?という考察をお話ししたいと思います。

 

そして

最終的に伝えたいことは、

 

障害が理由で

人生を諦める必要なんてないんだよ!

ってことなんですね。

 

それでは、早速いってみましょう!!

 

⭐️僕のプロフィール動画です!


【自己紹介プロフィール】統合失調症系YouTuber!シバックスって誰やねん?(前編)

 

 

①低収入

精神障害者のデメリットとして

低収入ということが挙げられます。

 

傷病手当金受給者を除き闘病中は基本的に無収入ですし、働けるようになったとしても、A/B型作業所の場合なら月収8万円程度が限界だと思います。

 

僕自身も療養期間中は労働はできなかったから無給でしたし、パート勤務時代も月収10万くらいでしたからね。

 

それほど障害者って

お金がないんですよね。

 

なので僕が伝えたい対処法は、

障害者雇用枠で働く

障害年金を受給する

③副業も行う

 

という3つの収入確保なんですね。

 

これなら

直ぐには結果は出なくても、

 

実家暮らしなら不自由ない暮らしは余裕だと思いますよ。

では順に解説します。

 

 

①パート勤務

まずは

非正規で働く事をオススメします。

 

つまり

障害者雇用一般企業に勤める

という事です。

 

こうやって言うと

「そんな自信ないんだよね」「責任なんて取れない」

とお思いの方もいるかもしれません。

 

しかしこのツイートを一度ご覧下さい

 

このツイートの様に、

パートさんとかアルバイトって基本的にはベーシックな作業を行う人員なので、責任も取らされる事はまずありません

 

そして大体の会社では有給も自由に取得できますし、体調不良が原因の早退基本しやすいんです。

 

だから妙に身構えて不安に思う必要はないと思います。(ダメなら辞めればいいだけですから)

 

⭐️僕が時短勤務を選んだ理由です!


【復職時も】精神障害者で働くなら時短勤務!再発リスクを下げる生き方

 

 

障害年金

そして

障害年金も受給すべきだと思います。

 

ただ

一部の情報によると「働いていたら受給はできない」と言われていますが、あながち嘘ではありません。

 

しかしながら

真実の一部に過ぎません。

 

つまり

そうでない場合も多いのです。

 

例えば僕ですが、正社員でも

障害年金を受給できています。

 

これはなぜかというと

障害者雇用枠での採用だということとか、処方薬の量入院歴など様々な要素があるために受給できるに至ったんだと思います。

 

だから、

申請できる人は申請した方がいいですよ!

審査に通るかどうかは個人の状況にもよるので何とも言えませんが、一度申請するだけしてみましょう。

 

もし審査落ちしたとしても何度でも申請可能ですので、主治医の先生社労士さんに一度相談するといいかも知れませんね。

 

⭐️僕の年金についても、より深く語られています


統合失調症患者の僕の現状と地位・待遇・障害年金など【2019年現在】

 

 

③副業

最後は副業です。

障害者が非正規雇用で働く場合、フルタイムで働く方はいないと思います。

 

だからこそ

副業はすべきだと思います。

 

ただ注意しておいて欲しい事があります。それがこのツイートです。 

 

このツイートの様に副業には手間がかかります。

 

そりゃそうですよね、

仕事なんですから😅

 

ただ本業でお金を稼ぎつつ、

手間と時間を惜しまなければ副業で稼ぐのも十分可能だと感じています。

 

⭐️僕の年収とか語っています


僕のニート時代の収入。障害年金や生活保護についても話します。

 

 

②恋愛に支障が出やすい

あと恋愛や結婚に支障をきたしやすいのも、障害者の生きづらさの1つです。

 

僕の場合だと、

結婚相談所を利用するにも入会審査の時点で、障害を伝えた途端アウトの場合がほとんどでしたしw

職場で出会おうにも、障害者とわざわざ付き合いたい人はいませんからね😅休職経験アリだし時短勤務だから尚更です。

 

だから

そういう場合はマッチングアプリを使ったり、障害者同士で付き合うのが1番だと思います。

 

そして

マッチングアプリを利用する場合、自分のハンディキャップははじめから伝えておくべきだと思います。

その方が出会いの確率は下がりますが、ムダは少ないですからコスパは高いです。

 

 

理解ある相手は

探せば見つかるはずですよ!!

 

⭐️僕の婚活の現状です


精神障害者の婚活の現実!僕が結婚できない理由とは?

 

 

③体調不良が理解してもらえない

最後に健常者の皆さんには体調不良が理解されない、という事が挙げられます。

 

例えば

一般企業への障害者雇用であっても体調不良が原因の欠勤を繰り返すと、周りからは理解して貰いづらいです。

 

健康な人には分かりませんからね。病気になって初めて健康のありがたさが分かるんです。だから大病を患った経験のない人に理解してもらうのは不可能に近いんですね。

 

僕の場合だと、

僕は薬の都合上仕事のスピードが遅いんですね。それも初めは理解して貰えませんでしたから。

 

まあ

その事をしっかり伝えなかった僕も悪いのですが...

 

だから

この場合はしっかり病状は伝えて、それでも理解されないなら別の会社やコミュニティに変わる事をオススメします!

 

無理して頑張る必要はありませんから!

安心してください😁

 

⭐️僕の公式YouTubeチャンネルです!

www.youtube.com

 

 

まとめ:チートしたっていい!利用したもん勝ち

いかがでしたでしょうか??

 

今回僕が言いたかったのは

自分の事ははっきり隠さず伝えよう!

それでもダメならさっさと逃げよう!

チートでもいいから合法なら利用する!

 

以上の3点に尽きます。

 

それと

図太さ(鈍感さ)も大切だと思います。 

 

つまり

みんなに好かれることなんて不可能ですから、嫌われることに慣れた方がいいという事ですね!

 

 

 以上シバックスでした。

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!