想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

統合失調症との付き合い方

一生治らない...半分本当で半分違う

f:id:Co_Co:20190717192404j:plain

個性と言えるかも

どうもシバックスです!皆さん儲かってますか?

 

今回は

統合失調症との付き合い方

を語ってまいります。

 

僕は1996年の発病以来、ずっと統合失調症と付き合ってきました。

 

絶望の連続でしたし、中々治らない期間が15年以上続きました。そして今でも完治はしておらず寛解状態です。

 

寛解とは...表面上は治ったように見える状態。完治には至って

        いないこと。

 

現在でもそういった状況の中、今回は僕が統合失調症とどうやって付き合ってきたか?を掘り下げていきたいと思います。

 

それでは、早速いってみましょう!!

 

 

⭐️僕の統合失調症の闘病体験談です。


僕の統合失調症体験談!寛解に至るまでの幻聴などの症状とは⁇

 

 

 

①幻覚幻聴はめっちゃ怖い

僕が幻聴を聞いたのは1998年の10月ごろだと今でもハッキリと覚えています。

 

当時はHIVについて、本当に悩んでいたんですね。

それも異常な程。

誰かが側にいないと眠れなかったりだとか、独りぼっちだと本当に怖かったのを覚えています。

 

そして幻聴を聞いたのはそんな状況の最中でした。

独りで一階に降りていって灯りを付けようとした時聞こえてきたんです!

 

成人男性の笑い声が。

僕のことを嘲笑うような声でした。

 

その時もだし、

今でも本当に幻聴だったのか?

実際外で笑っていたのか?検討もつきません。

 

しかし当時統合失調症だったので恐らく、

幻聴の可能性が非常に高いでしょうね。

 

現実かと思った程なので、

幽霊を目撃するくらいの衝撃・恐怖

と表現するのが適当だと思っています。

 

その声を聞いた瞬間、僕は一目散に布団に籠って震えてた記憶があります。

 

恐ろしいですよ!本当に...

 

 

②診断結果は10年間受け入れられなかった

そうなんですよ。統合失調症って診断を受けた人にとって、現実を受け入れる事は容易ではありません。

 

なんでかって??

 

それは

統合失調症悪いイメージしかないからです。 

 

統合失調症と聞くとたぶん皆さんも

 

「気の毒」とか

「一生治らない」とか

「犯罪を犯しやすい」とか

 

思ったり感じたりするのが

普通だと思います。

 

その原因って恐らく、

歴史的な扱われ方が原因だと思います。

 

このツイートをご覧ください

 

このツイートでもお分り頂けると思いますが、

リアル世界の統合失調症の偏見差別は20年前よりは改善しましたが、未だ強く残っています。

 

 

少し遠回りになりましたが、

 

だからこそ患者にとって、統合失調症だという現実は

「絶望」でしかありません。

 

ですから僕も

10年以上受け入れられませんでしたし、現実を恨みました。

 

そういった事もあり

自暴自棄なって暴力的になったり、やる気も湧かず音楽という趣味に逃げていた自分がいました。

 

とにかく

仕事とか現実を見ることを

避けていたんですね。

 

 

ただ時が流れるにつれて、直視せざるを得なくなっていきます。

 

同年代の人たちが就職とか、結婚とか、真っ当な人生を歩んでいるとう話題がTVを通じて否が応でも、耳に入って来るからです。

 

しかし反対に捉えれば、

こういった状況になったからこそ現在の社会的立場になったからこそ、

 

今こうやって

動画とかブログツイッターを通じて

皆さんに向けて発信できたり、コメントを頂けたりできるわけですからね!

 

人生どうなるか本当にわかりませんw

 

 

⭐️僕の自己紹介プロフィールです!


【自己紹介プロフィール】統合失調症系YouTuber!シバックスって誰やねん?(前編)

 

統合失調症も自分の個性と思える様になった

月並みな表現ですが、

統合失調症と診断されても諦めてはダメだと思います。

 

統合失調症自分の個性

と思いましょう!

 

このツイートを見てください

 

これは僕が統合失調症になって、つくづく思っている事を言語化したものです。

 

自分で言うのも気が引けますが

僕は現実を直視して現状の自分を受け入れ

諦めずに苦悩してここまで辿り着けました。

 

僕は統合失調症だということを恥だと思っていませんが、皆さんと同じように「みんなにできる事ができない自分」憤りを感じて悔しい時も結構あります。

 

だけど現状には満足しています。

 

現職に就けたこと。

時短勤務でも働けること。

YouTubeでの活動を許可されたこと。

周囲の人間関係に恵まれていることetc...

 

本当に

幸せです。

 

ただこれには異論があると思います。

「シバックスさんがたまたま運がいいだけでしょ」とか

「全員がそう上手くいかないに決まってるだろう」とか

 

色々あると思います。

 

ただ果たして、

少数の人間しか上手くいかないのは

「運がいいだけ」なのでしょうか??

 

僕は違うと思います。

 

やはり個人差はありますが、結果が出ている人は

それなりの努力苦労必ずしています。

 

 

例えば僕の親友で

精神疾患を患いながらも億万長者の奴がいます。

 

その親友を見ていると

やっぱりめっちゃ努力家です。

 

運もあるでしょうが、その親友の

努力の賜物だと思います。

 

勉強や読書量もハンパないし、行動力も尋常じゃないですw

 

つまり少なからず

考えたり努力しないと結果は出ない

という事です。

 

だから僕もその親友に負けまい

諦めずに働きながらYouTubeやブログに

 

真剣に取り組んでいるのが現状です。

 

 

⭐️僕が社会に出て現在の立場に至った経緯


統合失調症患者の僕の現状と地位・待遇・障害年金など【2019年現在】

 

 

まとめ:希望を持って生きましょう!

いかがでしたでしょうか??

 

先ほどのツイートにもあった通り

統合失調症ではなくても、不幸な人生を歩んでいる人は

ゴマンといます。

 

だから

統合失調症=人生オワコン

じゃないのです。

 

逆に僕が思うのは

外部要因のせいにしたら終了

ということです。

 

つまり

思考停止で人のせいにしたら人生詰み

なんです。

 

人生なんて

考え方次第、捉え方次第なんです。

それで人生は左右されます。

 

だから

いつからでも遅いなんてないので

行動し続けましょう!

 

以上シバックスでした。

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!

 

 

⭐️シバックス公式YouTubeチャンネル

www.youtube.com