想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

障害者はバカにされる...自信がつけば解決します!!

これを知れば気にならなくなりますよ!

f:id:Co_Co:20190809162748j:plain

怒る気もなくなる

どうも、最近成長を実感できているシバックスです!

皆さん儲かってますか??

 

今回は

障害者はバカにされる...自信がつけば解決します!!

について語ってまいります。

 

突然ですが、僕って健常者からバカにされやすいんですよバカにされたって全然構わないんですが、腹が立ちますよね...

 

皆さんもこんな経験ありませんか??

 

例えば、

健常者の知人に作業所の話をしたら上から目線で、頼んでもないのにアドバイスを頂けたり...とか

健常者の相手はあなたが障害者と気づかなくても、緊張しやすく話の内容がまとまっていないあなたに向かって苦笑いしたり...とか

 

健常者の人も悪気がない場合が多いと思いますが、

こちらからしたら嫌ですよね!

ただ知っててバカにしてくる人もいるから困ったものです。

 

そこで今回は僕が見つけた

バカにされても気にならなくなる方法

ご紹介します!

 

①相手も成長過程。相手を未熟者だと思う

②自信を持てる趣味を持つ

③作業所や会社での仕事も手を抜かない

以上の3つです。

 

それでは、早速いってみましょう!!

 

⭐️僕の統合失調症寛解談です!


【統合失調症寛解のススメ#1】統失を受け入れるコツ!幻聴/現実逃避etc...

 

 

 

①相手も成長過程。相手を未熟者だと思う

まず相手のことを未熟者だと思った方がいいと思います。

 

そう思えない場面もあるかとは思いますが、

 

この後ご紹介する「自信がもてる趣味を持つ」だとか「仕事に打ち込む」だとかすれば解決すると思います。

 

そもそも、なぜ人はバカにされると怒れてくるのか?と言えば

 

それは、

自信がないからなんです。

 

これは障害者でも健常者でも変わりません。

 

誰でも自信がない時は

バカにされたら腹が立ちます。

 

ただ精神障害者の場合だと、必然的に生活に制限がかかるために、

「自分はダメな人間だ...」とか

「健常者だったらよかったのに...」などなど

卑屈になりがちです。

 

こんな偉そうなことを言っている僕でも本当は

卑屈な時もあります。

 

最近だとこんなことツイートをしました。

 

このツイートは、噛み砕いて説明すると

「苛立つ人」「無視したりする人」という誰でもしがちな行為を対して、自分自身の行動を自戒している...そんな内容です。

 

だから、僕自身も

悪い所は山ほどあります

他人を羨ましく思って卑屈になったりするんです。

 

例えば

僕自身の未熟な行動大人で成熟しているように感じた知人と比べて

卑屈になるときも多々あります。

 

なので結局は、

誰でも未熟者なんです。成長過程なんです。

ただ先を走っているか、後を追っているかの違いだけで、

 

誰でも完璧じゃないんです。

 

ですからバカにしてくる人がいても、

本当は自分も未熟者のくせに、

自分を棚に上げてバカにしてくる...

可哀想な哀れな人間だな

 

あえて上から目線で哀れんであげましょう😁

だってこれが真実なんですから!!

 

全然悪い考え方ではありませんよ。

むしろ健全ですw

 

 

⭐️僕の本業についてとか、YouTuberとしての現状とか話してます


統合失調症患者の僕の現状と地位・待遇・障害年金など【2019年現在】

 

②自信を持てる趣味を持つ

そして自信をもてる趣味や特技をつくるといいかもしれません!

 

だって僕自身もブロガーやYouTuberとして活動させてもらえていますが、

 

登録者数や再生回数が増える毎

自信に繋がっていきましたから!

 

登録者500名を超えた辺りから、

「他人にはない特殊な趣味/特技を持つ自分」に対して誇りが持てるようになりましたし、

 

何より

「収益化も視野に入ってきた」という

誇りも生まれてきましたから😁

 

だから皆さんも「自分しかできない」

趣味や特技を見つけてください。

 

そうすれば多少バカにされようが

揺るがない自信が手に入るはずですから!

 

尚、この「自分しかできない」という思考は、自分の家族・恋人・友人知人といった狭い世界の中で結構なんです。

別に同じ趣味や特技を持っていて、自分より凄い人がこの世にゴマンと居ようが自分がいる狭い世界の中で「自分しかできない」なら

それでOKです!

 

問題ありません。

 

それがあればあなたには

「揺るぎない自信」が必ず生まれるはずです。

 

 

⭐️僕が伝える障害者雇用の本質


障害者雇用枠の真実を語ります!恐れる必要がない理由・正社員登用のコツなど♪

 

③作業所や会社での仕事も手を抜かない

最後に仕事にも手を抜かない事!これも自信に繋がります。

 

相手を未熟者だと理解する事

揺るぎない自信がある趣味や特技があろうとも

 

所属する作業所や会社の仕事をいい加減にこなしていては、

自信など生まれないと僕は思っています。

 

僕自身も現在は時短社員ですが、定時内は仕事に手を抜かないと誓っていますから。

 

ではなぜ、職場の仕事を

がんばる必要があるのでしょうか??

 

それは、自分自身の

私生活での充実感

大きく影響してくるからなんですね。

 

例えば、仕事をがんばれば自分自身やましい事は全くありませんし、

「今日も1日がんばったな😁」と思えるからです。

 

そして、仕事をがんばれば周囲の目も変わってきますから、より充実度は向上します。

 

やはり、仕事をいい加減にこなして手を抜いていると

「いい加減な働き方でお金を貰う自分」罪悪感が生まれますし、

周囲もバカにしてくるんですね。

 

そりゃそうですよ!手を抜いている人間を褒める人間などいませんから。

これはハラスメントでも何でもなく自業自得です。

 

だからこそ、本業にもせいを出して働くことが重要なんです!

 

そうすればあなたの人生は

より豊かなものへと変化していきます😁

 

⭐️ぜひ遊びに来てください!

みんなの問題を解決するTV - YouTube

www.youtube.com

 

 

まとめ:夢中になれるものがあればいい

いかがでしたでしょうか??

 

結局のところ、

自分に自信があればいいんです。

 

ハッタリでも構いません。

嘘っぱちでも構いません。

なんなら自分を騙してでも

自信があればそれでいいんです。

 

しかし実際問題、

そうはいきませんよね。

 

事実として何か、途中でもいいので結果を出していないと、自信なんてそうそう生まれるものではありません。

 

だから!だからこそ!

 

努力をするんです。

行動して失敗して勉強するんです。

 

そうすればいずれ、結果は現れます。

時間がかかるかもしれませんが、何かしらの形で結果は出ます。

 

ただその結果が好ましいものでなくてもガッカリしないで下さい。

 

つまり

その結果でさえも成長過程なんです。

 

なので僕が言えるのは、自信をつけるには

時間と努力が必要

ということです!!

 

普段から僕自身が何度も言っている事ですが、これしかないんですよね。

 

以上シバックスでした!

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!