想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

【精神障害者のための】生きるのが楽になる1つのこと

f:id:Co_Co:20190721062555j:plain

寛解するまで無理したらアカン

 

どうも、シバックスです!皆さん儲かってますか?

 

今回は

精神障害者のための】生きるのが楽になる1つのこと

というテーマで語ってまいります。

 

はじめに:

この記事では、自宅療養中の方作業所に通われている方にも必見の内容になっていますのでぜひ最後までご覧ください!

 

少し過激な発言かもしれませんが

 

大方の精神障害を抱えている人は生き方が不器用な人が多いと思います。

でも仕方ないと思います。そんな器用に生きられてたら精神病を患っていなかったはずですからね!

 

因みに僕もその中の1人ですよ!

 

だけど器用に生きられるのに越したことがないのが人生というものです。

 

そこで今回の動画で一番伝えたいキーワードを言いたいと思います。

 

それは、

人生なんとかなっていく。

っていうことなんです。

 

つまり器用じゃなくたっていいんです。

つまり今貧乏だっていいんです!

 

 

 

僕は最近こんなツイートをしました。

 

つまり僕が言いたいのは、

将来に不安を感じて悩んでみたって仕方ないよ

ってことなんです。

 

理由は簡単です。

未来は分からないからです。

 

分かりもしない将来のことで思い煩うより、

 

病状が思わしくなかったら、治療にだけ専念してゆっくり休んだりしましょう!

作業所でやりがいを感じられているのなら、そのまま継続しましょう!

 

焦る必要はありませんよ。

焦って行動すると損する場合が多いですから。

 

それより

よく休みましょう!

今を楽しみましょう!

今を精一杯生きましょう!

 

お金に関して言えば先程のツイートの通り

生活保護障害年金実家暮らしなどでやり繰りしていけばいいと思います。

 

こんな事言うと叱られそうですが、

働けない人の為セーフティネット生活保護なんですから、何にも引け目を感じる必要はありません。

 

そしてやがては、病状がよくなってこれば、

自然と前向きな気持ちになるので、

それから考えればいいんです。

 

 

具体的に言うと、

僕の場合だと精神病院から

退院後8年間はフラフラしてたんですねw

 

仕事もせず、

障害年金を受給しつつ趣味の楽曲制作をしながら

ゆっくりしていましたし、

 

将来の不安も多少はありましたけど、

とにかく仕事しなきゃ!とか全く思っていませんでしたw

 

だけどそれくらい気楽に過ごせれたお陰で、

2008年から休職期間を挟みながらも12年間勤められていますから!

 

これが焦って、退院後すぐに仕事を始めていたら、

社会復帰は失敗に終わっていた可能性が高いと思います。

 

だって障害が寛解していないのに責任とか抱えてしまったら、

 

状も悪化するでしょうから

余計に寛解まで時間が必要だったと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

あと以前お相撲さんに、

稀勢の里っていましたよね?

 

彼は非常にいい横綱でしたが、怪我しても無理して優勝した後は、

 

治ってもいないのに無理やり出場したりしてたから、

結局優勝回数も少ないまま引退してしまいました...

 

本当に勿体無かったと思います。

 

ただこの教訓は僕ら精神障害者にも活かせると思います。

 

つまり、

早く復帰したけりゃ寛解してからにしよう!

ってことです。

 

体調が回復してくれば

もっとお金が欲しくなって働く意欲も戻ってきますから。

 

だから

焦る必要はないんですよ。

人生なんとかなっていくもんですから。

 

 

多分社会復帰に失敗する人は、

稀勢の里みたいに焦って復帰しちゃうから、また再発したりして余計治りにくくなってしまうんだと思います!

 

 

だから皆さん、気楽に生きましょう!人生は100年ありますから。

 

以上シバックスでした!