想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

統合失調症の診断を受けても、落ち込む必要はない!!

その気持ちめっちゃ分かります!

f:id:Co_Co:20190827100507j:plain

絶望の果てに

どうもシバックスです!皆さん儲かってますか??

 

今回は

統合失調症の診断を受けても、落ち込む必要はない!!

というテーマで語っていきます。

 

はじめに:これから話すこととは?

今回の記事では

統合失調症の診断を受けた場合の、心構えを語ろうと思います!

 

やはり

統合失調症=人生オワコン

というイメージが根強い日本社会。

 

そりゃ昔は精神分裂病とまで言われ、

この病気にかかったら

 

一生治らない...とか

一生精神病院で過ごす必要がある...などなど

 

絶望としか思えないと思うんです。

 

その診断を受けた

あなたの心境痛いほど理解できます

 

でも僕は思うんです!

そんな悲観的になる必要なんてないよ!

という事を。

 

なぜなら手前味噌にはなりますが

私シバックスは統合失調症でありながらも

 

1日7時間労働時短社員として

勤務できておりますし

 

自宅へ帰った後にこうやって

ブログYouTubeコンテンツ投稿出来る様になりましたから。

 

だから

統合失調症と診断されても

 

人生を諦めないで欲しいんです!

人生に希望を持って欲しいんです!

 

そんな思いを込めて

統合失調症の診断を受けても落ち込む必要はない理由

具体例を添えて解説してまいりますので、

是非最後までご覧くださいね!

 

それでは、早速いってみましょう!!

 

⭐️統合失調症を受け入れるコツ


【統合失調症寛解のススメ#1】統失を受け入れるコツ!幻聴/現実逃避etc...

 

 

①結論 

まず結論からお話しします。

統合失調症でも落ち込む必要はありません。

 

なぜなら統合失調症を患っていても寛解した人は多くいるからです。

 

僕が知っている方でも

 

現在YouTuber経営コンサルタント、会社経営をされている

えらいてんちょうさんや

えらてん起業チャンネル - YouTube

www.youtube.com

 

NHKから国民を守る党の党首でもある

立花孝志氏も

 

統合失調症を過去に患ったことがある事を

公言されています。

 

 

だから統合失調症の診断を受けたからと言って

絶望する必要はないんですよ!

 

では何故

そんな事が言えるのか?

 

それを次の項で話したいと思います

 

⭐️統合失調症寛解のススメ


統合失調症寛解のススメ#3 音楽療法はめちゃ効果絶大!!

 

 

②絶望する必要はない理由

僕が

統合失調症でも絶望する必要はない!

と言い張る理由は2つあります。

 

それは

①人生なんてどうなるか分からない!から

②現在健康でも将来は分からない!からなんです。

では1つ1つ解説いたします。

 

 

①人生なんてどうなるか分からない!

という理由としては

 

誰でもそうではありませんが

投薬するだけで寛解する場合も多いですし

考え方を変えるだけで寛解に近づく場合もあるから

なんですね。

 

それに統合失調症は時間が経てば

寛解に至る場合が多い病気でもあります。

 

僕のように

発症から20年経過すれば、

 

軽症群と呼ばれる

日常生活には問題のないレベルに至る割合が

30%前後にのぼります。

 

ただこの30%という数字をきいても

たったそれだけの確率なのか...と落胆しないで下さい

 

何故なら更に時間が経過すれば

軽症群の割合も自然と増える

当然良い治療法が開発されるからです。

 

 

では次に

②現在健康でも将来は分からない!

理由については

 

統合失調症あなたの事ではなく

今健康な健常者の事なんです。

 

今現在は健康な人だって

悪性腫瘍脳梗塞パーキンソン病などを患えば

誰でも絶望に追い込まれます

 

それに結婚していて子供を授かっても

その子が引きこもりになってしまったら

 

親としたら

心配で心配でしようがないでしょう

 

だからこそ

老若男女全ての人の人生なんて

ずっと幸せかどうか?分からないのです

 

だからこそ

誰でも同じと思えば

気が楽になると思います。

 

⭐️生きるのが気楽になるコツが分かります!


【精神障害者のための】人生を気楽に生きる1つのこと!何とかなるさ♬

 

 

③その具体例

では落ち込む必要はない

具体例を語ってまいります。

 

これは僕の体験談なのですが

僕は1996年に統合失調症との診断を受けました。

 

当時はまだ本当の病名を聞かされていなかったので

平気だったんですが

 

2000年代の中頃に統合失調症だという

事実を知る事となりました

 

その時の心境は

絶望しかありませんでしたね。

 

しかし現在になって思い返せば

統合失調症なんて

ただの診断名でしかないんですよ

 

先ほども語ったように将来的に

悪性腫瘍などになって苦しむ健常者なんて山ほどいます。

 

だから僕のように

日常生活を問題なく送れる統合失調症患者も

大勢いますので、余計な心配は必要ないと思います。

 

逆説的ではありますが

そういう事なんですね。

 

⭐️気になる事があったら、リプライやコメントどんどん頂けたらと思います!

芝楠しばっくす@時短社員 (@Civaccxx) | Twitter

twitter.com

みんなの問題を解決するTV - YouTube

www.youtube.com

 

 

終わりに:誰でも幸せにも不幸にもなる

いかがでしたでしょうか??

 

つまり僕が言いたいのは

誰でも幸せにも不幸にもなるんだから

 

人生を諦めないで欲しい!

人生に希望を持って欲しい!

という事なんです。

 

お陰様で

私シバックスは統合失調症でありながらも

1日7時間労働時短社員として

勤務できておりますし

 

自宅へ帰った後にこうやって

ブログYouTubeコンテンツ投稿をできるようになりましたから。

 

 

ただ誰もが

同じ幸せを得ることはできません

 

各々に

適した幸せは必ず見つかります!

 

だから

統合失調症の診断を受けても、落ち込まないで下さい!

それがシバックスが言いたかった事です。

 

 

では以上シバックスでした。

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!