想いは強く、志し高く

統合失調症サラリーマン、シバックスのもがき苦しみ成長する過程を綴るブログです

うまく働けない自分を責めなくてもいい

仕事だけが人生じゃない!

f:id:Co_Co:20181112045835j:plain

歩けなきゃ休めばいい

どうもシバックスです!皆さん儲かってますか?

 

今回は

うまく働けない自分を責めなくてもいい

というテーマでお送りします

 

今回の記事では

メンタル疾患の症状が酷くて、仕事に行くのが困難な方

職場の雰囲気に馴染めずに、職場を辞めてしまった方へ向けて

 

自分の体調を壊してまで...身を粉にしてまで...やる程、

仕事は大切なことじゃないんだよ。

 

というメッセージを伝えたいと思っています。

 

しかし、内容としては

明日からの活力になるような元気が出てくる内容を意識しましたので、是非とも楽しんでご覧ください😁

 

 

では今回の記事の結論から申しますと

働けない状態なら仕方ない!今は休むのが仕事だよ!

という事と

現代日本は収入の心配しなくても生きていけるんだよ!

という事なんです。

 

つまり

体調が悪くて働けないなら、自分を責めなくてもいいんです。

生活保護でも障害年金を受給してもいいんです。

 

働くのは体調が戻ってきたら考えましょう。

それからでも遅くないと思います。

 

それではそう僕が思う3つの理由に具体例を添えて順に解説してまいります。

 

①まず病気を治すことだけ考えよう

②働くことはいつでもできる

③お金は最低限あればそれでいい

の3点です

 

それでは、早速いってみましょう!!

 

⭐️最近のオススメ動画


統合失調症なら尚更!実家暮らし一択な理由 コスパ最強/自立のため

 

 

 

①まずは病気を治すことだけ考えればいいから

僕がどうして、

病気を治すことにだけ専念すればいい!

と言えるかというと、

 

僕自身が精神病院退院後、長期間に渡り療養したからこそ!今こうやって休職期間を挟みながらも

 

社員として働けているからなんですね。

 

 

更に休職期間に於いても、多くの休職者の傾向なら3ヶ月以内に復職するのが一般的ですが、

 

僕の場合はなんと

7ヶ月間休職していました!

 

ただそれだけ休職してると、

復職した時に仕事覚えてるんだろうか?とか

会社から居場所が無くなって、用無しになるんじゃじゃないか?とか

 

心配される方も多いとは思いますが、僕の経験上

やはり多少の困難はありました。

 

ですが

気にする程の事でもありませんでしたよ!

 

ただし

人間関係の再構築や信頼の回復には

それなりに気を使いましたが。

 

 

ですがそれよりまず

病気を寛解させることが

何より重要だと思うんです!

 

僕の場合それを重要視したからこそ

今のところ順調に職場復帰できてるんだと思います。

 

だからこそ

病気を治すことにだけ専念すればいい!んですよ😁

 

急がば回れだとも思っていますから。

 

⭐️精神障害寛解させるために重要な事を語っています


精神障害者だからこそ学んでおきたい!体調管理が上手くなるコツ

 

 

②働くことはいつだってできるから

あと僕は働くという選択肢はいつだって可能だと思っています。

 

その理由はカンタンです

現代日本正規雇用にこだわらなくても良い時代

になったからです!

 

 

以前は障害者の場合でも

45歳までに定職に就かなければ将来的に危険

という固定観念が存在していたんですね。

 

ですが

現代日本少子高齢化による

人手不足が深刻化しているんですね。

 

現状では、

運送業・福祉関係・外食産業・小売業などは特に

非常事態的な人員不足が続いています。

 

だから、

最低賃金も軒並み急増しているんですよ。

だから、

50代であっても選ばなければ

非正規なら仕事は十分あります!

 

例えば最近では東京などが

最低賃金ついに1000円を超えた!

と話題になっていますし。

 

なので結局、現状では

正規雇用で働かなければいけない意義

が崩壊しつつあります。

 

つまり

正規雇用で辛い責任を負わされて少ない固定給をもらうより

非正規で自由に働き、副業を堂々とした方が割がいいんです

 

だからこそ

病状が酷いなら、しっかり療養してから復帰を考える...でも

全然アリなんです!

 

なので

働くことなんかいつでもできるんです。

 

⭐️障害者雇用の実態を語りました


【障害者雇用枠】僕が就職した経緯!障害者職業センター/就労支援施設を利用

 

 

③お金なんて最低限あれば幸せだから

僕はお金なんて沢山なくても、十分幸せに生きられる!

と思っています

 

その理由としては贅沢しなければ

世帯年収250万円でも不自由しないからという事と

現代日本セーフティネットが充実しているからなんです

 

では一例として

夫婦共働きで2人とも非正規、子なしの場合だと

どうなんでしょうか?

 

具体的に解説してまいりましょう!

 

夫婦共働きで2人とも非正規、子なしの場合

大体の世帯年収

250万円から300万円かと思います。

 

その場合

1ヶ月の生活費がおおよそ17万円だとしましょう。

それで年間約200万円です。

 

ですから

年収250万円であっても

非常時用に20万円確保しても

年間30万円の貯金は可能です。

 

更に世帯年収300万円なら

年間80万円もの貯金が可能だと思います

 

それに独身で実家暮らしなら

より豊かな生活が可能なのは

想像が容易なはずです。

 

それに

日本に住んでいれば

生活保護

障害年金という

セーフティネットが機能しますので

最低限の文化的な生活は保障されているんですね。

 

だから

過度な心配は不要だと思っています 

だからまずは

病気を寛解させてから考えればいいんです😁

 

⭐️人生には心配いらない理由を語っています


【精神障害者のための】人生を気楽に生きる1つのこと!何とかなるさ♬

 

 

最後に:だから安心して治療に専念しましょう!

いかがでしたでしょうか??

 

結論としては

冒頭に申し上げた通り

働けない状態なら仕方ない!今は休むのが仕事だよ!

という事と

現代日本収入の心配しなくても生きていけるんだよ!

という事なんです。

 

つまり

体調が悪いなら、働かなくていいんです。療養しましょう!

生活保護でも障害年金を受給してもいいんです。遠慮しないで!

と僕は強く言いたいんです。

 

そして

働くのは体調が戻ってきたら考えましょう。

それからでも遅くないと思います。

  

以上シバックスでした。

 

 

終わりに: 

今回の記事では

働けない自分を責めなくてもいい!

安心して療養すればいい理由

をお話させて頂きました。

 

この記事が皆さんの元気の一助になれたら

こんな嬉しい事はありません!

 

今後もこのブログを

より良いものにするためにも

 

皆さんのご意見も沢山お聞きしたいので

宜しければコメントを遠慮なく頂けたら幸いです!

 

それではまたお会いしましょう。

さよなら!!